忍者ブログ

foauewrooi

包茎とは、平常時でも男性器の亀頭部分が包皮で覆われている状態を言います

包茎とは、平常時でも男性器の亀頭部分が包皮で覆われている状態を言います。
男性は誰でも、生まれたときは亀頭部分が包皮で覆われていますが、成長期の発育とともに亀頭が露出してきます。ところが中には亀頭が露出せず、包茎のままで成人することがあります。
成人してからの包茎には大きく分けて3つの症状があり、症状によって治療法が異なります。適切な治療を行うためにも、まずは自身の症状をチェックしてみましょう。

仮性包茎

phimosis_case01.png
平常時は亀頭が包皮で覆われていますが、勃起したり手でむいたりすることで簡単に亀頭が露出できる状態が「仮性包茎」です。威哥王日本人に一番多いタイプで、男性の約6割は仮性包茎とも言われています。
仮性包茎は、包皮が多く余っているだけで機能的な問題はなく、病的なものでもありません。しかし常に亀頭が包皮で覆われているので、内側に汚れが溜まりやすく不衛生になりがちです。そのため臭いが生じたり、炎症を起こすこともあります。
見た目を気にして手術を希望される方が多いですが、清潔のためにも余分な包皮を除去するのがおすすめです。

カントン包茎

phimosis_case02.png
包皮の先端部にある絞扼輪(こうやくりん)が亀頭の径よりも小さいため、包皮をすべてむくことができなかったり、亀頭を露出させても強い締め付けを感じたりする状態を「カントン包茎(陥頓包茎)」と言います。
カントン包茎の場合、無理に包皮をむこうとして、亀頭を締め付けてしまうことがあります。亀頭を締め付けると包皮を元に戻すのが難しくなり、そのまま血行不良を起こして、ひどい場合は亀頭が壊死してしまうこともあります。こうしたリスクを避けるためにも、早めに医師に相談するのが望まれます。

真性包茎

phimosis_case03.png
真性包茎は、平常時、勃起時に関わらず、常に亀頭が包皮で覆われている状態を言います。
絞扼輪が狭すぎたり、シアリス 通販亀頭を包皮の内側が癒着しているなど原因はさまざまですが、真性包茎の場合は、早期治療が必要です。
真性包茎は常に亀頭が包皮で覆われているため、亀頭の成長が妨げられたり、排尿障害が起こることがあります。不衛生にもなりやすいので、気づかないうちに包皮内で炎症を起こしていることもあります。さらに症状によっては、不妊の原因にもなり得ます。
真性包茎はさまざまなリスクを伴いますが、必ず治る症状なので、すぐに適切な包茎手術を受けるようにしましょう。
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R